身体を変えて心を変える

 

心と体は一体です。従って、心の在りようを変える方法として、体から変えていくという方法もあるのです。

例えば、5キロ体重を落とすことができたなら、体5キロ分軽く感じることができるでしょう。そして、体が軽くなると、自然と心も軽くなるはずです。それまで面倒と感じていたことでさえ、素軽くできるようになり、行動範囲が広がり、出来ることも増えていくはずです。

もし、何かしらの壁にぶつかっているときは、その悩みを解決することも大事ですけれど、それ以外の方法として体からのアプローチをしていくことも近道となるのです。

人生をもっと心地よくしていきたいと思うなら、着るものを心地よいものに変えて、折を見て、その心地よさを感じてみるのもいいでしょう。そういう風にして少しづつ生活の中に心地よさを取り入れていくことで、意識を心地よいことへとシフトさせていくのです。

身体によいものを摂取することで、体そのものが活き活きとしてくるということもあるでしょう。筋トレをすることで、肉体美を追求し、自己肯定感を築いていくこともいいでしょう。

ヨガは、まさに体から心を変えるための方法として人気を博しているのです。

生活の中にちょっとしたアクセントを加えて、意識を少しづつ変えていく、そういった積み重ねの中で心地よさを追求していくことで、人生そのものを楽しんでいく。

そのアプローチの方法のひとつとして、体に意識を向けていくということも、おススメです。

本日のまとめ

タイトル
① 心の在り方を変える方法として、体から変えていく方法もある。
② 体を軽くすると行動範囲が広がっていく。
③ 着るものを心地よい物に変えて、生活そのものを心地よいものに変えていく。
④ 体に良いものを取ることで体そのものを活性化させていく。
⑤ 肉体美を追求することで、自己肯定感を高めていく。
⑥ 身体的心地よさを追求していくここで、心の在り方を変えていく。

 

腹に据えて生きる

 

お臍の下にある丹田を常に意識して生きていくと、人生が好転していきます

どんな物事を行うにも丹田に意識を乗せながら行うと、その行動に重みが出てきます。行動のひとつひとつがしっかりと確実なものとなり、説得力のある行いとなるのです。

人は頭で考え、その考えをもとに行動を起こしますが、頭で考えただけでの行動はどうしても軽くなってしまうのです。うわっつらで重みのないその場しのぎの行動となってしまいがちなのです。

しかし、そんな頭で考えたことでさえも、丹田を意識しながら行うと、そこに重みが加わり説得力が生まれてくるのです。

例えば、「おはよう」と言うだけでも、お腹に意識を保ちつついうのと、ただ単に言うのとでは、その実感が異なることが分かるはずです。このように、どんな事にでもお腹に意識を保ちながら行動するとそこに、リアリティが生まれてくることでしょう。

腹を据えるということは、真剣になるということです。いつもお腹に意識を保つことができるようになると、自分の人生に真剣になれるということでもあるのです。

明るく楽しい人生を送ることも大事ですが、ただふわふわと生きていくわけにはいきません。明るく楽しい中にも、しっかりと大地に足を付けた、由々しさも必要なのです。

ですので、まずは簡単な遊びだと思って、今日1日、あるいは今週1週間、常に丹田に意識を保ちながら生活してみてください。きっと思わぬ効果が現れてくることでしょう

本日のまとめ

タイトル
① 丹田を意識して生きていくと、人生が好転していく。
② 丹田に意識をのせた行動には、重みや説得力が生まれる。
③ 腹を据えるということは、真剣になるということ。
④ 1週間、ひとつの実験だとお思ってお腹を意識して生活してみましょう。

 

目力があなたの人生を好転させる

 

キャリア形成をする際に、どうしても自分の希望を優先してしまいがちです。しかし、自分の希望を優先させる以前に大切なことは、今、与えられた仕事を完全にやり切るということも大事なのです。

今している仕事を完全にこなせるようになってはじめて自分の希望が叶えられるものであると、腹をくくって日々の業務に精進することが、実は自分の希望するキャリアを実現させる近道なのです。

キャリアとは、形ばかりではいけません。中身が伴ってはじめてキャリアとなるのです。ひとつのことがしっかりとできてはじめて、キャリアが形成されるといっていいでしょう。

そこで、今している仕事を自分のキャリアとして最速で形成させる方法を紹介しましょう。それは、与えられた仕事に対して、それがどんな内容であっても「NO」と言わないことです。与えられた仕事は、確実に、あなたのキャリアを形成させるためのいい経験となるのです。例え、それがあなたにとって嫌に思えるようなことであっても、それをしていくことで経験となり、あなたの力をパワーアップしてくれるのです。そうした小さな積み重ねの結果、苦手意識の克服ができてはじめて一人前になるのであり、そうして形成されたキャリアは揺るぎのないものとなるでしょう。

あれがしたい、これがしたいと思うことは、全然問題のないことです。しかし、だからといって現状に不満ばかりを言っていて何もいいことはありません。まずは、与えられた目の前の仕事をNOと言わずにしっかりと受け入れ、確実にこなしていくことで自分のキャリアを作っていくのです。

自信のある人は、転職活動をしていてもすぐに決まるものです。この自信は、何も転職だけでなく、今している仕事の交渉事であっても、それこそ恋愛においても有効なのです。

あなたの自信が、目力に変わります。この目力が人を動かしていくのです。目力のある人が人生を自分の思い通りに操れる人でもあるのです。

視線が動いてしまうのは自信のなさの現れです。自信があればしっかりと前を見つめることができるようになるのです。そして、このような自信を身に付けていく方法は、与えられた仕事に対して(それがどんなに理不尽なことであっても)、NOと言わずに取り組んでいくことなのです。

取り組んでみて、その結果がどうなるかはあまり関係ありません。大事なことは取り組んで、経験を積むということであり、その経験の積み重ねこそが、結果に繋がるといえるのです。

NOと言わずにすぐできるようになると、自分のエゴがどんどん小さくなっていきます。そのようにして、自分のエゴがどんどん小さくなっていった先には、あなたの人生に思いもよらない出来事が起こることでしょう

本日のまとめ

目力があなたの人生を好転させる
① 与えられた仕事をしっかりとしていくことがキャリア形成となる。
② 日々の業務をしっかりとこなしていくことが、自分の希望を叶えるための近道となる。
③ 与えられた仕事に「NO」と言わないことがキャリア形成の最短ルート。
④ 日々の業務の中で自信を付けていくことで、目力を付けていく。
⑤ あなたの目力が、人生を大きく左右していく。
⑥ NOと言わずに生きていく先には、あなたの人生に思いもよらないことが起こる。

 

味わい深い人生を生きる秘訣

 

人生に現われてくる出来事のすべては、あなたがこれまで生きてきた中で培ってきた意識の積み重ねの反映であるといえるでしょう。

例えば、こういった可能性を考えてみてください。あなたの無意識の中に蓄積されたこれまでの人生の様々な思いが形となって、目の前の出来事として現れてきていると。あなたの意識が、あなたの人生を左右する様な出来事を生みさしていると。

もし、仮に世の中の仕組みが、このような形で成り立っているのであれば、まずしなければならないことは、あなたの意識を変えていくことで、あなたの無意識を変えていくことです。この無意識(自動的な反応)を変えていくことができたなら、あなたの目の前に現れてくる現象が変わってくるといえるのです。

修行の意味はここにあります。修行をすることで何が変わるかといえば、それは気持ちの在り方です。気持ちの在り方が変わるからこそ、人は修行をするといえるのです。

もし、人生をより豊かにしたいと思うのであらば、これまでの無意識的な生き方を変えていく必要があるでしょう。生きることに意識的になり、意識的に生きるということを無意識の中に落とし込んでいくのです。そして、最終的に、意識的に生きることが、無意識的にできるようになったとき、あなたがあなたらしくより自然に生きていくことが可能となるのです。

では、どうすれば、より意識的に生きることができるようになるのでしょうか。

それは、今を生ききるということです。今に目覚めて生きるということです。今に目覚めることができるようになったときこそ、味わい深い人生が浮かび上がってくるのです。

本日のまとめ

味わい深い人生を生きる秘訣
① 目の前に現れる出来事は、あなたの意識の反映である。
② 人生を好転させていきたいのならば、あなたの無意識を変えていく必要がある。
③ 意識的に生きるという習慣を、無意識に落とし込んでいく。
④ 無意識に意識的にいきることができるようになったとき、あなたはあなたらしく生きていける。
⑤ 今に目覚めることができた時、味わい深い人生を過ごすことができる。

 

あり方が人生の質を向上させる

 

行動の質を上げるには、存在としてのあり方を変えていかなければなりません。自分自身がどうあるか、自分がどんな存在であるかで、することの質が変わってくるのです。何をするにおいても楽しんで行っている人は、その内容も楽しみとなるはずです。逆に生活が雑な人は、何をするにおいても雑になってしまうことでしょう。

ですので行動する前に、まずは自分自身がどういう存在でいたいか、どう在りたいかを考える必要があるのです。

明るく楽しく生きたいのであれば、あなた自身の存在が明るく楽しくなければなりません。仕事をするのでも、どこかへ出かけるにしても、明るく楽しくある必要があるのです。逆にいえば、あなたが明るく楽しくあれば、あなたがどこに行こうと、何をしようと明るく楽しくなるのです。

あなたが明るく楽しくなれば、周囲の人も明るく楽しく感じることでしょう。あなたといることとで、周囲の人も明るく楽しくなるのです。あなたの在り方が、周りに影響を与え、それがひとつの循環となるのです。

明るく楽しくというのは、あくまでも一例にすぎません。その内容は静かで穏やかでも構いませんし、ゆっくり丁寧でもいいでしょう。どう在りたいかは、その人の個性や状況に応じて決めていけばいいのです。

無意識に生きてはいけません。少しでいいので、自分のあり方を意識する努力を持って生きることが大切なのです。

人生を無意識的に茫漠と生きるのか、あるいは人生を意識的に生きるのか、その選択次第で人生の質が大きく変わってくるでしょう。

大事なことは、何をするかではありませんどう在るかなのです

本日のまとめ

あり方が人生の質を向上させる
① 行動の質を上げるためには、存在としてのあり方を変える必要がある。
② あなたの在り方が、周りに影響を与え、それがひとつの循環となる。
③ あり方はその人の個性や状況に応じて決めていけばいい。
④ 大事なことは、何をするかではなく、どう在るかである。

 

あなたの意識があなたの人生を作りだす

 

どんな現状であったとしても、それを受け入れることができてはじめて運が向上していくといっていいでしょう。運は肯定することができてこそ好転しはじめるからです。

状況を変えることは難しくエネルギーを使います。しかし、同じエネルギーを使うのであれば、自分自身の考え方や捉え方を変える方が得策であるといえるのです。

何も心配する必要はありません。むしろ心配する心が人生をマイナスな方向に導いていくのですから。心配は体を強張らせます。表情を硬くさせます。ストレスを生み出す原因となることでしょう。

生きていると当然、困難と向き合うこともあるでしょう。そういった物事を対処していかなければならないこともあるでしょう。そんな時ですら、心配する心を手放していくのです。やるべきことをしっかりやって、あとは、自然な流れに乗っていけばいいのです。

大きく深呼吸をしましょう。シリアスさを感じるようになったら、心の中にある不安を笑い飛ばしましょう。それができれば大丈夫です。ベストを尽くすことができたなら、あとは何も考えずに自分の時間を楽しく過ごすことで、運を天に任せるのです。

何を引き寄せるかは、あなたの意識次第です。もしよいことを引き寄せたいのであれば、まずは今の現状を受け入れた上で、否定をせず、心配をせず、ただこの瞬間を生きるのみです。淡々とこの今を生き、楽しめることを楽しみ、愉快に過ごすことができたなら、必ずあなたの人生は好転していくことでしょう。

「でも」や「だって」と言いたくなる心のエゴに、打ち勝って明るく楽しく生きましょう。あなたの意識が、あなたの人生を創り出すのですから。

本日のまとめ

あなたの意識があなたの人生を創り出す
① 運は肯定できてはじめて好転する。
② やるべきことをやってあとは自然な流れに乗っていく。
③ 何を引き寄せるかはあなた次第。
④ 淡々とこの今を生き、楽しめることを楽しみ、愉快に過ごすことができたなら、必ず人生は好転していく。

 

潜在意識を書き換えて楽しく生きる

 

人は、日々の暮らしの中で繰り返し行っている物事を潜在意識の中に蓄積させて、無意識でも行動できるよう習慣化させています

例えば、車の運転。免許を取ったばかりだと、運転することに緊張しながら、恐る恐るハンドルを握っているものです。しかし、運転を長期間行うと運転そのものに対する恐怖心もなくなり、ほとんど無意識で運転するようになります。

このようなことは、運転に限らず生活の中のほとんどのことで行っているといえるでしょう。どんな事でも最初は注意深く行っているのにも関わらず、慣れてくるとそういった注意深さもなくなり、無意識的な行動ができてしまうようになるのです。

これは何も行動面だけで起こることではなく、心理面でも起こりうることでもあります。思考や感情の癖も同様です。人の悪い面をみることばかりしていると、自然に人に対して批判的な考えを持つようになってしまいます。逆に、人の良い面を見るようなことが習慣化されているようになると、人とのかかわり方がとても柔軟になったりするものなのです。

こういった意識の習慣化を人はあまり意識することなく行っています。そして、このような無意識さゆえに、自分の人生の舵取りが上手に行いえないようになってしまうのです。

もしあなたが、自分の人生の方向性を良い方向に方向転換させようと思うのならば、まずはあなたの習慣を変えていく必要があるでしょう。潜在意識に蓄積された無意識的に生まれる思考や感情、行動をあらためて書き換えていく必要があるのです。

では、どのようにして潜在意識に蓄積された無意識を変えていけばよいのでしょうか。それは、自分の行動や思考を潜在意識に落とし込めるようになるまで注意深く行動することです。

もしあなたが他者に対する見方が批判的であるならば、その心の癖を徹底的に見つめていき、修正を加えて上書きしていくことを繰り返し行って行きます。どんな時でも自分の心の状態を見張りながら自分の思考の癖に修正を加えていくのです。

一度体得したことを修正することはととても大変なことです。よくプロゴルファーがパットの打ち方を変えることに苦労することといった話を聞きますが、習慣化されたものを変更するのには、多大な苦労が伴うものなのです。

しかし、もし自分の人生を好転させたいと思うのならば、覚悟を決め習慣の変更を継続して行っていく必要があるでしょう。継続して行っていく中で、それが自分の潜在意識の中に落とし込みができるようになり、以前とは違う行動が自然とできるようになるまで、それを続けていくのです。そうやって、自分の潜在意識の書き換えを達成できるようになったとき、あなたは自分の人生の舵を切れるようになり、明るく楽しい生活を送っていけるようになるでしょう。

本日のまとめ

潜在意識を書き換えて楽しく生きる
自分の言動に注意して見つめ、それを日々修正していくことで、自分の人生の舵を切れるようになる。

 

 

焦りを滅する方法

 

焦りの心境は、どこからやってくるのでしょうか。結果を出そうとする思いが強ければ強いほど焦る心が生まれるといっていいでしょう。

あなたの望む結果とはどういった内容でしょうか。あなたの達成したい目的とはいったい何なのでしょうか。もし、あなたが結果や目的に執着するなら焦りは生じることでしょう。執着すればするほど焦りが生まれるといえるのです。

理想は理想であって構いません。しかし、大切なことはその結果に執着しないことなのです。肩の力を抜いて今すべきことを淡々とこなしていけばいいのです。

大事なことは一歩づつ前に進んでいくことであり、結果について考えることではないのです。歩みを止めるずに前に進むことができれば、必ず目的地には到着します。その一歩、この一歩を信じて前に進むことができたなら、結果は必ずついてきます。まずは焦らずに進むことを考えましょう。

焦らないための方法のもうひとつの方法は、理想に描いた結果は変わってもいいと思えるようになることです。どんな結果になったとしても、それでOKと思えるような心を養うことです。だからといって、ダメでもいいと思うのではなく、一歩一歩進んでいるから大丈夫であると思うことです。この一歩に精神を込めることができたなら、どんな結果が生まれても大丈夫であると信じることです。

結果は過程にすぎません。人生においてあるひとつの結果は通過点でしかなく、それが人生を左右するものでもないのです。むしろ、人生を左右する物事は、目の前のこの一歩をいかに大切にしていくかということだけなのです。

今、この瞬間のこの一歩を大切に生きること、それこそがあなたの望む結果を導き出すことでしょう。

本日のまとめ

焦りを滅する方法
① 結果を出そうと思えば思うほど焦りは生じる。
② 今すべきことを淡々と行うことが大事。
③ 大事なことは一歩づつ前に進んでいくことであり、その一歩が結果となる。
④ 結果は何パターンもあっていいと割り切って、この一歩に心を込める。
⑤ 人生において結果は常に過程でしかなく、この一歩が最も大切。
⑥ 今、この瞬間の一歩が、あなたの望む結果を生み出す。

 

動じない心

 

何があっても心が動じなくなると、今、この瞬間を生きていけるようになります。心が動じるということが、あなたのエゴが動じるということです。あなたの自尊心、あなたの思惑、あなたの将来、あなたの予定、あなたの思考、そういった物事が、外からの影響が加えられたとき、あなたの心が揺れ動いてしまうのです。

もし、すべての出来事があなたの思い通りになるのであれば、この生命を生きる意味はないのかもしれません。すべてがあなたの予定通りになるのであれば、それは逆に生きていないということになりかねません。

誰かと出会い恋に落ちる、こういったことは予定して出来ることではありません。このように人生の出来事の大半がハプニングです。そういったハプニングをどのように受け止め、どのように対処していくか、そこには常に冷静さと客観性が必要とされるのです。

素敵な人に出会って恋に落ちることも、仕事をしていてその命令が腑に落ちないことで怒りがわくことも、その構造そのものは一緒です。恋も仕事も、あなたが外からの出来事をどう受け止めたか、ということには変わらないのです。その受け止め方が、前者は喜ばしいということであり、後者は避けたいと思っているのにすぎないのです。下手をすると、そういったリアクションにだけでこの人生を終えてしまいかねません。

あなたがあなた自身の人生を、主人公として生きて行きたいと思うならな、自分の心のリアクションを客観視できるようになる必要があるでしょう。リアクションで感情的になりすぐさま行動してしまうのではなく、そうして生まれた感情を受け入れた上で、心の奥底にある声を聴いていくことが大事なのです。

心の声を聴くということは何も論理的になれというのではありません。心の声に耳をを傾ければ、自然と答えが導き出されるということなのです。

リアクションで生まれる行動の大半は、YesかNoのどちらかです。このYesかNoという反応は、可能性を狭めてしまうことでもあります。しかし、リアクションですぐさま反応するのではなく、冷静さと客観性を持って物事に対処できるようになるならば、出来事に対して行える行動は無限に存在することができるでしょう。そういった無数の可能性の中から最善の策を選び出し、それを生きていくことが自分自身の人生の舵を切っていくということとなるのです。

では、どのようにすれば、あなた自身の心の声を聴くことができるようになるのかといえば、それは、あなたの心を常に静かにしておくことなのです。

本日のまとめ

動じない心
①  心が動じなくなると、今を生きられるようになる。
② 外からの出来事にリアクションだけで生きていては、人生の主人公にはなれない。
③ 心の奥にある声を聞けるようになると、自分の人生の舵を取ることができるようになる。
④ 心に声に耳を傾けると自然と最善の策を選べるようになる。
⑤ 心を常に静かにしていると、自然とあなたの心の声を聴けるようになる。

 

あなたの存在が道を開く

 

人生をよりよく生きるなら結果を求めるのではなく、あなたが結果となることです。あなたが結果となることができたなら、すべての結果が納得いくものとなるでしょう。

結果とは存在の事

ここでいう結果とは、あなたがどういう存在であるかということです。あなたの存在がハッピーであるならば、どんなことでもハッピーになるはずです。あなたの存在がネガティブであるならば、どんな出来事もネガティブになってしまうことでしょう。

あなたの存在がハッピーであったとしても、望まない物事がやってくるかもしれません。しかし、それでもあなたがハッピーであるならば、望んでなかった結果でさえ前向きに受け入れ、それを次の行動に繋げていくことができるはずです。逆にあなたの存在がネガティブであるならば、どんなに良いことでもそれを後ろ向きにとらえてしまいかねません。どちらがいいかは一目瞭然です。ですので、あなたの存在をまずはハッピーにしてみることが大切なのです。

存在をハッピーにするこつ

あなたの存在をハッピーにする第一歩としては、現状を受け入れということです。なぜなら、現状を否定してしまうと、もうすでにネガティブになってしまうからです。例え今の現状がどんなものであるにせよ、まずは、その現状を受け入れましょう。今の現状の悪いところを探すのではなく、いいところを探していきましょう。

現状を受け入れるという作業は、なかなか進むものではありません。下手をすると、数か月から数年かかってしまうかもしれません。人の意識はなかなか変わるものではありません。しかし、少しずつでも自分の意識を変えていかなければ、いつまでたっても人生を好転させることはできないのです。従って、もし自分の人生を変えたいと思うのならば覚悟が必要になってくるでしょう。

原因はあなたが作っている

あなたの人生は、あなたが作りだしています。このことを自覚できれば、どう生きるかということに意識的になれるはずです。

周囲のリアクションで生きていては、単に無意識の任せて生きているにすぎません。人生は自分自身が作っていくんだという自覚があってはじめて、自分の人生の主人公になれるのです。そして、この自覚のこそが、今日のテーマの自分自身の存在を変えていくということです。

あなたがハッピーな存在になることができるならば、自然とハッピーな物事がやってきます。例え大変そうな物事がやってきたとしても、それを乗り越えることができたなら、自分自身の肯定に繋がっていくはずです。そういったプラス思考があれば、どんなこともでも抵抗なく行えていけるでしょう。

抵抗することそのものが、存在をネガティブにするものです。抵抗せず受け入れて、結果はどうあれやってみる、そういった心持で、どんな事でも淡々と行っていけば、自然とあなたの人生に道が開けていくことでしょう。

本日のまとめ

タイトル
①  あなたが結果になれば、すべての結果が納得いくものになる。
② あたなという存在のあり方が、すべての結果を創り出している。
③ あなたの存在を良きものとすれば、自然と結果は良きものとなる。
④ まずは現状を受け入れて、覚悟を持って自分の人生に意識的になってみよう。
⑤ 抵抗せず受け入れて、結果はどうあれやってみるという精神が道を開いていく。