焦りを滅する方法

 

焦りの心境は、どこからやってくるのでしょうか。結果を出そうとする思いが強ければ強いほど焦る心が生まれるといっていいでしょう。

あなたの望む結果とはどういった内容でしょうか。あなたの達成したい目的とはいったい何なのでしょうか。もし、あなたが結果や目的に執着するなら焦りは生じることでしょう。執着すればするほど焦りが生まれるといえるのです。

理想は理想であって構いません。しかし、大切なことはその結果に執着しないことなのです。肩の力を抜いて今すべきことを淡々とこなしていけばいいのです。

大事なことは一歩づつ前に進んでいくことであり、結果について考えることではないのです。歩みを止めるずに前に進むことができれば、必ず目的地には到着します。その一歩、この一歩を信じて前に進むことができたなら、結果は必ずついてきます。まずは焦らずに進むことを考えましょう。

焦らないための方法のもうひとつの方法は、理想に描いた結果は変わってもいいと思えるようになることです。どんな結果になったとしても、それでOKと思えるような心を養うことです。だからといって、ダメでもいいと思うのではなく、一歩一歩進んでいるから大丈夫であると思うことです。この一歩に精神を込めることができたなら、どんな結果が生まれても大丈夫であると信じることです。

結果は過程にすぎません。人生においてあるひとつの結果は通過点でしかなく、それが人生を左右するものでもないのです。むしろ、人生を左右する物事は、目の前のこの一歩をいかに大切にしていくかということだけなのです。

今、この瞬間のこの一歩を大切に生きること、それこそがあなたの望む結果を導き出すことでしょう。

本日のまとめ

焦りを滅する方法
① 結果を出そうと思えば思うほど焦りは生じる。
② 今すべきことを淡々と行うことが大事。
③ 大事なことは一歩づつ前に進んでいくことであり、その一歩が結果となる。
④ 結果は何パターンもあっていいと割り切って、この一歩に心を込める。
⑤ 人生において結果は常に過程でしかなく、この一歩が最も大切。
⑥ 今、この瞬間の一歩が、あなたの望む結果を生み出す。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*