生きることは自分を知ること

 

生きることは、自分自身を知ることです。自分自身を知り自分自身の特性を愛し、それを伸ばしていくことが、人生を謳歌していく秘訣です。

自分自身に寛げることが、本当の意味での成功

成功には色々な定義がありますが、自分が自分であることに寛げることこそが、真の意味での成功です。どんなに金銭的な成功を収めても、例え素晴らしい名声を得ることができたとしても自分自身に寛ぐことができないのであれば、その人生は成功したとはいえないでしょう。

逆に、自分自身に寛ぎながら何かをした結果、地位や名声を得ることができたなら、それはもちろん成功であるといえるでしょう。とはいえ、地位や名声がなくても自分自身の存在を認め、純粋無垢に生きることそのものを楽しめるのであれば、それも当然成功であるのです。

従って、すべての人が成功を収める可能性があるのです。成功とは、無理難題を克服し、それに対する対価を手中に収めることではありません。自分が自分であることを認め、その上で、自分が心地よいと感じるように生きることが成功なのです。

自分自身を知るための方法

では自分自身に寛げるようになるのにはどのようにすればいいのでしょうか?

その答えは、自分自身を客観視するということです。自分自身を眺め、観照していくことが秘訣なのです。自分は今、何を考えているのだろうか、そう問いかけ続けていった先に、本来のあなた自身が見えてくるのです。

あなたが考えているあなたには、ひとつの傾向が存在しています。まずはその傾向を見つけてみましょう。あなたの思考の根幹となっていることが何なのかをまずは見極めていくのです。

あなたには必ず思考の癖があります。その癖はもちろんポジティブなもの、ネガティブなものなど色々とあるでしょう。当然、状況によってそういった癖がどう出るかも変わってくるはずです。しかし、その癖がポジティブであってもネガティブであっても、その根底に流れている思考の癖には、共通する何かが存在するのです。この共通する何かを見つけることができるようになると、あなたはあなたがどうい生きたいかと考える術を見つけることができるようになるのです。

どんな事にも、早く早く、と考えている人がいたとしましょう。もし、自分がそういう人であるとわかったのなら、あなたは何かが満たされていないということが分かります。早く早くという思考は、結果を求めることに意識が集中していることとといえます。

早く早くという思いの先には何があるのでしょうか。急いだ結果、その先に辿り着く世界はどういった世界なのでしょうか。あなたは早くどんな場所に辿り着きたいのでしょうか。どういったところに辿り着けば、あなたは自分自身に寛ぐことができるのでしょうか。

自分自身が寛げる場所はどんなところでしょうか

自分自身が寛げる状況を考えてみましょう。どうすれば自分自身が寛げるかを考えてみましょう。どんな時でも寛いでいられるようになるにはどうなればよいかを考えてみましょう。どんな状況であっても、自分自身に寛いでいられるにはどうすればいいかを考えてみましょう。

こういったことを一度考えた上で、今現在のありのままの自分を客観視ししてみると、本来のあなた自身に繋がっていくことができるといえます。生きることとは自分自身を知ることです。この生をどう寛いで生きていけるかがとても重要な事であるのです。

この生を寛いで生きることができたとき、きっと、この生でやるべきことが見えてくることでしょう

本日のまとめ

タイトル
① 生きることとは自分自身を知ること。
② 成功とは自分自身に寛げるようになること。
③ すべての人に成功を手に入れるチャンスが存在する。
④ まずは自分自身を客観的に見て、思考の傾向を見つけてみよう。
⑤ 自分が自分として寛げるようになるためには、どうすればよいか考えてみましょう。
⑥ この生を寛いで生きることができたとき、この生でやるべきことが見えてくる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*