相手の感情に巻き込まれずに生きる

 

日常生活の中で、対峙している相手の感情に巻き込まれてしまうことがよくあります。相手の感情に自分自身が巻き込まれてしまうと損をするのは自分です。相手の感情に気遣って上げることも大切ですけれど、まずは自分の感情が害されないことが大切なのです。

そのために必要な技法のひとつが傾聴です。

自分を守るための傾聴

プラスとプラスが反発するように、感情に感情でぶつかってしまうと、対立しか生まれません。従って、どちらかがマイナスの立場を足らないと、物事は前に進んではいかないでしょう。

そして、マイナスの立場を取るのは、冷静さを保っている側となります。冷静さを持っている側の人間は、相手の言い分をしっかりと聴いてあげることで、クールダウンをさせてあげる必要があるのです。このクールダウンをしてあげることで、相手に冷静さを取り戻してあげるのです。

相手が感情的になっている場合の傾聴で気を付けていかなければならないことは、むやみやたらに質問しないことです。感情的になっている人にむやみやたらに質問してしまうと、その質問が逆に相手の感情を煽ってしまう場合が多いので、相手の話を淡々と聴いてあげるといいでしょう。

人は自分の言いたいことがいえるとすっきりするものです。また、その内容が批判的なことであればあるほど、それを言った自分自身の言動に対して、反省もするものなのです。反省とは、冷静さを取り戻したということを意味するので、とにかく、言いたいことを言って貰い、冷静さを取り戻させることが大切なのです。

こちらが冷静ならば、相手も冷静になる

感情が高ぶっている人と対峙しているとき、自分自身を守る必要もあります。そういったときには、上から目線になって、温かく見守ってあげることも必要です。

感覚として、怒ってる小学生を大学生が相手にしてあげているくらいの感覚になる必要があるでしょう。自分自身をなくしている人に対して、こちらも相手にあわせる必要は全くありません。相手に寄り添いつつも大人として対応していけば、自分自身を守ることができるといえるでしょう。

そういった姿勢のひとつとして、相手の話をちゃんと聞いていますよ、という態度を保ちつつ、話している内容に対して否定も肯定もせずにただ頷いてあげればいいのです。無理に質問はせずに、相手の話が止むまで落ち着いて聞いてあげることができれば、それで充分であるといえるでしょう。

そのようにして、こちら側が冷静であることで、相手側が次第に冷静になっていくのです。この態度こそが、小学生に対する大学生のような上から目線ということなのです。

包容力のある人が最終的にほほ笑む

包容力のあることが大人であるといえるでしょう。年齢の高い低いは関係ありません。年齢が仮に低くても包容力があるならば、その人は大人であるといえるのです。

包容力でもってどんな相手でも接することができたなら、あなたの人生は穏やかなものとなるはずです

本日のまとめ

タイトル
① 傾聴は自分を守るための術でもある。
② 傾聴が感情的になっている人をクールダウンをさせる。
③ 相手が反省するようになったら、冷静さを取り戻してきたという証拠。
④ 包容力があなたの人生を穏やかにしていく。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*