不安を感じずに生き切る方法

 

幸運を引き寄せるためには、心が恐れや不安に支配されていてはいけません。恐れや不安を基盤に生きていると、行動が恐れや不安を回避する方向に働いてしまいます。そうった生き方をしていると、巡ってきたチャンスでさえ失敗しないようにと回避してしまいます。そして、そういったことを続けていると、やがてチャンスさえ巡ってこなくなってしまうのです。

しかし、恐れや不安をなくそうとしてもなくなるものではありません。なくそうとすればするほど、恐れや不安は増殖していってしまいます。

では、心の中に根付いた恐れや不安をどのようにして解消し、運を呼び寄せる体質になれるかというと、その答えは、「この今を生ききる」ということが大切になってくるのです。

不安や恐れは頭の中での幻想

一度、嫌な事を体験すると、暫くの間、頭の中はそのことで支配されてしまいがちです。ずっとその嫌な事を引きずって今をないがしろにして生きてしまいがちです。過ぎ去ったことは、幻想でしかありません。その体験から学ぶことがあるにせよ、それはもう過去の遺物にすぎません。

「生」は連綿と続いていて、絶え間のない今がそこに存在しているのです。

今を取り逃がしてはいけません。この今という瞬間を生きることそのものが「生」そのものであるといえるのです。過去の出来事に思考がとらわれているようでは、今を生きるということにはなりません。また、過去の出来事に思考がとらわれているようでは、今、この時という瞬間が提示してくれているチャンスを取逃してしまうのです。

今この瞬間を生ききれば、不安や恐れ、悩みは消える

今この瞬間を意識的に生きてみてください。今この瞬間を生ききってください。そうすると悩みも恐れも不安もなくなります。なぜなら、今、この瞬間を生ききることは、そこに恐れや不安、悩みなどが入ってくる余地がなくなるのです。今この瞬間を生ききることができたら、不安や恐れ、悩みなどとは無縁に生きることになるのです。

過去に起こった嫌な体験も出来事は出来事として客観的に受け入れ認識したうえで、それはそれとして切り替えて意識を今に集中させるといいでしょう。

また、今を意識的に生きていることができるようになると、その副次的な効果も顕れてきます。まず、夜ぐっすり眠れるようになります。人が眠れなくなってしまう多くの原因は、ストレスだったりします。このストレスは、実は、ストレスを抱えている人の思考が作ってるともいえます。不安や恐れやそれに付随する悩みを延々と考え続けるからこそ、ストレスが生まれてしまうのです。しかし、今に生ききることができたとき、人は夜ぐっすりと眠ることができるのです。

さらに、今を生きている人、その人自身が発しているオーラが変わってきます。明るい人暗い人、その人その人が持っているオーラを誰もが瞬時にわかるように、今を生きている人のオーラが自然と周りの人に伝わるものなのです。そして、そういったオーラが伝播していくことで、その人のもとに幸運が巡ってくることとなるでしょう。

とにかく、四の五の言わずに今を生ききることです。他者の悪口や不平不満を言っている時間や、恐れや不安、悩みなどを感じている時間があるのなら、そのエネルギーを今にあわせていくのです。エネルギーそのものは純粋です。しかし、そのエネルギーを何に使うかはその人次第なのです。

今を生ききることができるようになったとき、あなたの人生は180度変わることでしょう

本日のまとめ

タイトル
① 今を生ききることが、恐れや不安を消滅させる。
② 「生」は連綿と続いていて、絶え間のない今が常に存在している。
③ 今という瞬間を生きることそのものが「生」そのもの。
④ 今を生ききることができると、そこに恐れや不安が入ってくる余地がなくなる。
⑤ 今を生ききると、夜、ぐっすり眠れるようになる。
⑥ 今を生きていると、その人の発するオーラが変化し、幸運が巡ってくるようになる。
⑦ エネルギーそのものは純粋であり、それをどう使うかは、その人次第。
⑧ 今を生ききれるようになると、人生は180度変化する。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*