今を楽しまないと明るい未来はない

 

おはようございます。『落ちこぼれが創る明るい今の会』代表のwatanabeです。

ブログのタイトルを一部変更しました。「明るい未来」を「明るい今」という具合に。なぜ、そうしたかというと、明るい今がない限り、明るい未来も存在しないわけなので、明るい今を創っていくことに意識を持っていきましょうということに、ささやかながらシフトチェンジしました。

ま、未来とは頭の中の幻想なわけで、それよりもリアルな今を楽しく生きましょう、ということですね。

もし、未来という幻想を良くするのであるならば、やはり今が大切になってきます。なぜなら、未来は、この今という瞬間の積み重ねの果てにあるはずのものなのですから。

そういった意味も含めて、この「今」を楽しんで生きていきましょう。

どんな事でも面白がる

とはいえ、この今という瞬間を楽しめないという場合もあるでしょう。しかし、そういった瞬間でも頭をフル回転させて楽しめるよう習慣を作っていきましょう。嫌だなと思ったことでも、発想を変えて、「何かしらの勉強になるはず」とか、「これを乗り越えるための修行である」とか、「この経験はきっと将来に役立つ」といった具合に、考え方を少し変えてみるのです。そうすることで、嫌と思えることにも少しだけ積極性を見出してやってみることも大事なのです。

あるいは、本当に嫌な事であるならば、事前にそれを断ってしまうということも大事かもしれません。例えば、いやいや参加する付き合いの飲み会であるというなら、無理に参加する必要はありません。それが時間とお金の無駄であると感じるならば、早めにお断りしておくということも大事です。その結果として、その時間をもっと有効活用させる方が、今を生きるということにもなるでしょう。

もちろん、そういった飲み会に参加する中で、何かしらの面白さを見つけるということもできますので、自分の中の優先順位が何なのかを常に考えておく必要があるといえるでしょう。

そうして選んだ答えに対して、今という瞬間に忠実になって、過ごしていくことがとても大事です。

優先順位は楽しいことを

では、今を楽しむために、どのようにして優先順位を立てていいでしょうか。

その答えは、それこそ楽しいこと優先です。当然仕事などでは、必ずしも楽しいこと優先とはいきませんけれど、それ以外の時間に関しては、自分の楽しいことや一緒にいて楽しんで貰えそうな人がしたいと思っているようなことを優先しましょう。

これはとても当たり前な事ですけれど、大事なことです。そして、この当たり前の事を徹底的に、今この瞬間行っていくことが、連綿と続く今という時間軸を充実させていく手段なのです。

本日のまとめ

今を楽しまないと明るい未来はない
① 「今」しか存在しない。「未来」はない。
② 楽しめないことでも考え方を変えて楽しめるような習慣を作っていこう。
③ 断ることも「今」を大切にする手段。
④ 今という時間に忠実になって生きていくことが大事。
⑤ 自分や一緒にいる人が楽しいと思えることをする。
⑥ 連綿と続く今という時間を大切にして過ごしていく。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*