最終的には人柄です

 

人生は自分と他者とのコラボレーションで成り立っています。従って、どんな時でもこの人と一緒にいたいと思って貰えるような人柄が大事になってくるのです。そうした人柄があってはじめて有意義な人生を歩んでいくことができるでしょう。

仕事でも、結婚でも、友人関係であっても、友好的な関係を結ぶことが出来なかったら、長続きはしないものです。自分ばかり主張していてもいけないし、相手のいうことばかりを聞いていてもいけないし、程よい関係性を創り出していくことが、楽しく生きていく秘訣です。

自分と他者との間でのバランス感覚の取れている人はどんな場所でも友好的に過ごすことができるので、重宝されるでしょう。

現代社会では、ややもすると自己主張のできる人が価値が高いと思われがちです。しかし、自己主張ばかりしていると煙たがれるという側面もあり、自己主張でさえも押すところと引くところといったバランスが必要であったりします。

自己主張の強さは、思い込みの強さといえる場合も多く、他の選択肢を排除しがちになってしまいます。ひとつのやり方に固執してしまうと、融通が利かなくなってしまうこともあるので、主張することの比重と他者の意見を聞き検討する比重を等分にしていかなければなりません。そういったバランス感覚を持ってはじめて、自と他との間でバランスを取っていくことができるのです。

人柄の良い人とは、加減を知っている人です。おいしい料理でも味の加減が美味しさを表現するように、人柄も加減が大切になのです。

人の思考の傾向として、どちらか一方に偏ってしまうということがあります。振り子が大きく左右に動いているように、右と左を行ったり来たりしてしまいがちです。しかし、そういった中でも大切なことは、その振り子を常に中心に置きぶれないで留まるということなのです。

では、ぶれないで留まるには、どうすればよいかというと、自分の思考を客観視することです。思考に自分自身を同一化させてしまうのではなく、思考を眺めていくのです。自分自身を客観視することができると、他者の思考に対しても客観的に接することができるようになっていきます。そうすることで、自と他の間に中立に立つことができ人間関係の加減を調節できるようになるのです。

バランス感覚の取れている人や、人柄が認められているひとは、実はこういったことを普段からしているといえるのです。もし、今現在、人間関係に悩みがあるという人は、こういった視点を持って他者と関わっていくのもいいのかもしれません。

自分自身を人生の主人公にするのには、自分の思考の中心に立ち、自分と他者との中間を見つけることが肝要なのです。

本日のまとめ

最終的には人柄です
① バランス感覚を養えば、長続きする関係性を構築することができる。
② 人柄の良い人は、自と他のバランス感覚が秀でている。
③ 常に中心にいることで、バランスを保っていく。
④ 自分と他者を客観視し、中間に立つことで加減を調節していく。
⑤ 中間に立つことで、自分自身を人生の主人公にすることができる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*