動じない心

 

何があっても心が動じなくなると、今、この瞬間を生きていけるようになります。心が動じるということが、あなたのエゴが動じるということです。あなたの自尊心、あなたの思惑、あなたの将来、あなたの予定、あなたの思考、そういった物事が、外からの影響が加えられたとき、あなたの心が揺れ動いてしまうのです。

もし、すべての出来事があなたの思い通りになるのであれば、この生命を生きる意味はないのかもしれません。すべてがあなたの予定通りになるのであれば、それは逆に生きていないということになりかねません。

誰かと出会い恋に落ちる、こういったことは予定して出来ることではありません。このように人生の出来事の大半がハプニングです。そういったハプニングをどのように受け止め、どのように対処していくか、そこには常に冷静さと客観性が必要とされるのです。

素敵な人に出会って恋に落ちることも、仕事をしていてその命令が腑に落ちないことで怒りがわくことも、その構造そのものは一緒です。恋も仕事も、あなたが外からの出来事をどう受け止めたか、ということには変わらないのです。その受け止め方が、前者は喜ばしいということであり、後者は避けたいと思っているのにすぎないのです。下手をすると、そういったリアクションにだけでこの人生を終えてしまいかねません。

あなたがあなた自身の人生を、主人公として生きて行きたいと思うならな、自分の心のリアクションを客観視できるようになる必要があるでしょう。リアクションで感情的になりすぐさま行動してしまうのではなく、そうして生まれた感情を受け入れた上で、心の奥底にある声を聴いていくことが大事なのです。

心の声を聴くということは何も論理的になれというのではありません。心の声に耳をを傾ければ、自然と答えが導き出されるということなのです。

リアクションで生まれる行動の大半は、YesかNoのどちらかです。このYesかNoという反応は、可能性を狭めてしまうことでもあります。しかし、リアクションですぐさま反応するのではなく、冷静さと客観性を持って物事に対処できるようになるならば、出来事に対して行える行動は無限に存在することができるでしょう。そういった無数の可能性の中から最善の策を選び出し、それを生きていくことが自分自身の人生の舵を切っていくということとなるのです。

では、どのようにすれば、あなた自身の心の声を聴くことができるようになるのかといえば、それは、あなたの心を常に静かにしておくことなのです。

本日のまとめ

動じない心
①  心が動じなくなると、今を生きられるようになる。
② 外からの出来事にリアクションだけで生きていては、人生の主人公にはなれない。
③ 心の奥にある声を聞けるようになると、自分の人生の舵を取ることができるようになる。
④ 心に声に耳を傾けると自然と最善の策を選べるようになる。
⑤ 心を常に静かにしていると、自然とあなたの心の声を聴けるようになる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*