リフレーミングで幸運に

 

幸運を呼び込むかどうかは、あなたの意識次第です。昨日も書きましたが、運がいい人は意識的になって運のよくなることをしています。

逆に、無意識で生き、その日その日の出来事を感情で流されているようでは、幸運を呼び寄せることはできないといえるのです。

ですので、日々の生活を意識的に生きることで、幸運を呼び寄せる習慣を身に付けていきましょう

まずは自分の考えに意識的になる

自分の意識に対して意識的になるには、日々、自分の頭の中で考えていることがどんな事なのかを検証してみることがいいでしょう。あるいは、今日から自分の思考がどういった物事で構成されているかを監視し検証していくのもいいかもしれませんね。

その結果として、例えば、頭の中では仕事の事ばかり考えているとか、対人関係での悩み事ばかりを考えているとか、もしかするとそういったことが思い当たるかもしれません。また、そういったことが実生活のどういった場面で考えているかも検証してみるといいでしょう。

中には仕事のことを職場以外でも考えていたり、テレビを見ながらなんとなく仕事のことを考えているということもあるかもしれません。そうなった場合、思考の大半を仕事の事で占拠されているということになったりします。

もし、そういった傾向があると気付くことができたなら、あえて、別な事を考えてみようとすることができるようになるのです。

次に思考の傾向がどんなものか検証してみる

1日の中での思考の割合が分かったなら、次に、その思考がポジティブなものなのか、ネガティブなものなのか見直してみましょう。

ポジティブなものが多いのであれば、きっとそれが幸運を呼び寄せる原動力となることでしょう。しかし、ネガティブなものが多いとなれば、その結果は、幸運を遠ざけているといえるのです。またポジティブとネガティブが半々だったなら、現状維持と考えられます。

こういったことを基準にし、ネガティブが多い人も、ネガティブとポジティブ半々の人も、ネガティブがわずかしかない人であっても、このネガティブな部分をポジティブに変換させていくといいのです。

ネガティブ思考中心の人は、いきなり全部をポジティブに変えようとすることはなかなか難しいことです。ですので、「あ、今、ネガティブになっている」と気付いた瞬間から、それをポジティブに変えていくといいでしょう。

最後にネガティブ思考をリフレーミングしている

リフレーミングとは、ある物事を色々な視点で眺めてみるということです。捉え方ひとつで、色々な視点があることに気付く技法なのです。そういったいろいろな視点の中から、それまでネガティブだったものをポジティブに変換させていけばいいのです。

このリフレーミングをするコツとしては、あまり深刻にならないということが大切です。昨日の記事にあったように、リフレーミングさせた結果が笑いに繋がるようにするのが大切なのです。

「笑う門には福来る」ではないですけれど、それこそ、笑いは幸運を呼び寄せる秘訣です。

お笑い芸人の元マネージャーが語っていたように「ぎりぎりの生活」を「ジェットコースター乗っているようで楽しい生活」といった具合に、笑いを含めてリフレーミングしてみるといいでしょう。そうすれば、ネガティブが2倍ポジティブに変わるといえるので、ユーモアのあるリフレーミングをしていくとをお勧めします。

本日のまとめ

リフレーミングで幸運に
① 幸運を呼び込めるかどうかは、意識次第、幸運を呼び寄せる習慣を身に付けよう。
② まずは、頭の中で考えている物事がどういったことが多いか検証してみる。
③ 次に思考の傾向がネガティブかポジティブか検証してみる。
④ リフレーミングとは、ある物事を色々な視点で眺めてみるということ。
⑤ いろいろな視点の中から、笑いに繋がるようにリフレーミングすることがベスト。
⑥ ユーモアのあるリフレーミングが幸運を呼び寄せる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*